学習したい科目についてのブログです

solas条約改正対策は万全ですか?

投稿日時:2016-08-02 15:16:46

solas条約改正に対応!コンテナ重量計量は大和製衡へ

SOLAS条約

SOLAS条約(海上人命安全条約)が改正されて、国際輸送の船積み前のコンテナは、必ず荷送人がコンテナ総重量を計量して、申告する義務が課せられるようになりました。しかし、船積みのコンテナはトラックでけん引して運んでいるような大きさのもの。どうやって総重量を計算すべきかお悩みではありませんか?

大和製衡は計量機器の総合メーカーです。SOLAS条約にも対応した、トラックのコンテナの総重量を図るのにぴったりな商品をご用意しています。まずは簡易走行型トラックスケールです。走行型ですのでノンストップでトラックのコンテナを次からつぎへと測量でき、計量待ちの渋滞緩和ができます。また小型ですので基礎工事も小規模で済みます。

また大和製衡では、比較的小型のコンテナには、フォークリフトからそのまま積み荷の上げ下ろしが可能になる、薄型の台秤もご用意があるそうですので、こちらも導入すればさらに流通の現場がスムーズになりますよ。

SOLAS条約対策の総重量計量のことでしたら大和製衡に相談しましょう!